新型コロナウイルスが市中に蔓延しておりますが、横浜市歯科医師会は患者さんの口腔管理も健康への大切な貢献と考えており、12月29日(木)~1月4日(月)に休日・夜間の救急歯科診療を行います。
このような状況下ですので、患者さんや診療スタッフを守りながら、感染対策に留意して 歯科診療を行うため、待合室・診療室への入室に制限があります。寒い時期ですがコロナウイルス特性を考えて換気を励行し、密を避ける対応をさせていただきます。そのため、患者さんご本人や付添の方におかれましても、寒さ対策をお願いいたします。感染対策をとるために通常より診療が長くかかること、また、飛沫が飛ぶような診療は制限があることをご理解いただけると幸いです。
診療申込書をダウンロードし、記入してご持参いただくと密を避けてよりスムーズな受付となります。皆様のご協力をぜひよろしくお願いいたします。

お知らせ

横浜市歯科保健医療センター障がい者歯科診療部門はスペシャルニーズ歯科診療部門に名称変更いたします。

テスト新型コロナウイルスの感染防止対策の一環として、来院された患者さまには検温をさせていただきます。また以下の症状がある方は治療内容の変更や治療の延期をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
(1) 37.5℃以上の発熱がある方、または発熱があった方(過去1週間以内)
(2) 呼吸器症状(せき・たん・のどの痛みなど)のある方
(3) 最近2週間以内に海外から帰国された、または帰国した人と接した方
(4) 最近2週間以内に新型コロナウイルス感染症にかかった人と接した方
感染防止にご理解とご協力をお願い申し上げます
また、新型コロナ感染症の流行状況により診療体制に変更が生じる可能性がございますので、その都度ご案内いたします。